専門学校で保育士の勉強をするメリット

専門学校で保育士に関する授業を受けて国家資格を取得する方法は、個人で国家試験を受験して取得するのに比べると効率がよいのが特徴です。

この試験はマークシートの筆記試験に合格すると実技の試験が受けられるようになりますが、難易度は易しくなく合格率は2割にも満たない試験であるうえ、受験資格も設定されており誰でもすぐ受験できるわけではありません。しかし専門学校は保育士として働いたときの実務に役立つことを学びながら資格取得を目指せる教育施設であり、卒業時には資格を取得することができるので卒業後に保育の仕事に従事することができるようになります。

ただしこれらの学校には、文科省・厚労省の指定校と短期大学等の併修校の2種類の専門学校があり保育士資格を目指すにはどちらに通っても問題ありませんが、主に2年制の指定校が卒業と同時に資格を取得できるのに対し、3年制の併修校は資格を取得するには短期大学等の通信課程も修了しなけばなりません。

しかしこの併修校は卒業すると短期大学卒と同じ扱いになり、福祉関連の他の資格も取得できることもあるので、自分に合ったほうを選ぶと良いでしょう。またこれらの専門学校では保育士の資格取得以外にも実際の現場で役立つ知識や技術を同じ保育士を目指す仲間と一緒に学ぶことができるというメリットがあります。その人脈は保育園・保育所などの施設に就職してからも情報交換などをするなどに役立てることができるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *