専門学校で学び保育士になる方法

専門学校は保育士資格の取得をして、将来は子どもと関わる保育の現場で働きたいという多くの人に選ばれている教育機関です。

子どもの成長に関わることのできる素晴らしい仕事であり、同時に責任も大きな保育の仕事に従事するには、国家資格が必要ですが、この資格を取得するためには自分で試験を受験して合格するか、もしくは養成学校を卒業ことが必要です。そんな養成学校のひとつが専門学校で保育士の資格を卒業時に取得することができます。

他には4年制の大学や短期大学でも保育の仕事に就く人材を養成していますが、2年や3年という短い期間で資格を取得でき、また4年制大学と比べて安い学費で資格を取れるのがこの学校の特徴です。また専門学校では保育士の資格以外にも幼稚園教諭2種免許も取得できることもあるので、自分で勉強して国家試験を受けることに比べると就職先の選択肢に幅を持たせることができるでしょう。

そんな専門学校には保育士資格を目指せる2種類の学校があり、文科省・厚労省の認可を受けた指定校であればストレートに卒業と同時に資格を取得することができますが、注意が必要なのは認可されていない併修校もあるという点です。この場合は加えて短期大学の通信課程を修了する必要があります。大変なようですが短期大学を卒業したとみなされるメリットもあるので自分に合った学校を選ぶとよいでしょう。このような専門学校で資格を取得したら保育士として公立や私立の保育所・保育園で働くことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *