専門学校で保育士を目指すメリット

小さな子どもが好きな人に選ばれている保育の仕事をするには、専門学校のような保育士の国家資格を取ることができる養成学校に通ったのち、就職する方法があります。

養成学校に通わなくても個人で毎年行われている国家試験を受けることでもこの資格を取ることはもちろんできます。しかし誰でも受験できるわけではなく一定の受験資格があるひとのみがチャレンジでき難しい試験に合格しなくてはなりません。

これから勉強を始めるのなら専門学校で保育士について学ぶなど養成学校に通うのがお勧めです。国家資格を取得しやすいこれらの学校でも、特に文科省・厚労省によって認可されている専門学校は保育士の実務に必要なことを学びながら国家資格をわずか2年で取得することができます。現代では幼稚園・保育園が同じ場所で運営されている施設も少なくないため同時に幼稚園教諭2種免許も取ることができる養成施設に通った場合には、選べる就職先も増えるでしょう。

4年制大学や短期大学でもこの幼稚園教諭の免許は取得できますが、2年で卒業できる専門学校なら保育士の資格を早く取り保育の仕事に就くことができ、その学費も4年制大学よりもずっと安いのが特徴です。そのかわり2年から3年で集中して知識を学び技術を身につける必要があるため学生は大変ですが、専門学校なら保育士の実務に役立つことを実践的に学べるので、進路が定まっている人なら楽しく充実していると感じられるのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *