保育士の専門学校の特徴

少子化でも働きたい両親は増えているため保育自体の需要は伸びており、保育士の専門学校を卒業後は一般的な保育所・保育園のほか企業の施設などでも就職先はあります。

国家試験を受験して資格を取得するのに比べると、学校で資格を取得するほうが効率よいといえるでしょう。マークシートの筆記試験と保育や言語、美術などの分野の実技の試験があるこの国家試験の合格率は20パーセント以下であり、難しい試験であるからです。

保育士の専門学校には、文科省・厚労省指定校と短大等の併修校の2種類があり、それぞれ2年制・3年制となっています。文科省・厚労省に認可されている指定校は卒業と同時に資格を取得できるのが特徴で、短大等の併修校となっている専門学校で保育士の資格を取得を目指す場合には、通信制の短期大学を併修し資格取得をする必要。一見手間がかかり不利なようですが短期大学の卒業資格も得られたり、社会福祉士などの資格を取得できることもあるなどのメリットもあります。

専門学校では保育士の資格取得や実務に必要になることを学ぶことができます。そのカリキュラムは学校ごとにより違いがありますが、初期の段階では保育や福祉に関わる基本的な知識や理念を学んだり、子どもを相手にしたときに役立つ心理学や臨床心理なども学びます。そのほかにも専門学校では保育士の実務に直結するような、乳児の沐浴の方法や衣類の扱いなどをはじめとした実践的な専門知識も体験しながら学べるのが特徴です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *