専門学校で保育士資格の取得を目指す

保育士は、子どもを健康や安全に細心の注意を持って預かるということのほかにも、子どもの成長を手助けするような役割が求められる仕事です。

保護者に子どもの1日の出来事や健康状態を伝えたり、子どもが自立して一人で日常生活を送れるような常識と知識を与えたりし、子どもの行動や感情に目を向け、それぞれの持つ感性や才能を伸ばすことも大切です。保育士になるには、国家資格を取得しなくてはなりません。資格を取得するには、保育士養成施設を卒業する方法と国家試験に合格する方法があり、養成施設のひとつが専門学校です。

専門学校には、厚生労働大臣の指定を受けた保育士養成施設である指定校と、同様に指定を受けた短期大学のカリキュラムを併修する必要がある併修校の2つがあります。併修校の場合には、厚生労働大臣の指定がないので、指定を受けた短大の通信課程にも同時に入学し全カリキュラムを修了して卒業する必要があり、専門学校の学費とは別に学費が徴収される場合もあるので注意が必要です。

専門学校には、2年制と3年制があり、3年制の場合には同時に幼稚園教諭の資格を取得できるのがほとんどです。近頃では、幼保一体化の施設が増えていることから、幼稚園教諭の資格を取得しているほうが、この先の就職先や転職先に応用が利くと言えます。専門学校によってカリキュラムや授業時間数の違いあることから、2年制では、幼稚園教諭の資格を取得できるコースとできないコースがあるので、事前に確認しておくことが肝心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *