専門学校で保育士になるメリットとデメリット

子どもが好きな人に人気のある保育士になるには専門学校などの教育施設を卒業し資格を取得して就職する方法があります。

もちろん年に1回行われる国家試験を個人で受験することでも資格取得は可能ですが、その場合大学の在籍経験や短大などの卒業資格、児童福祉施設での勤務経験をはじめとした受験資格を得たのち、試験に合格しなくてはならないので、これから資格取得を目指す高校生なら専門学校などで保育士の資格を取得するほうがよいでしょう。というのも養成学校に通った場合は、卒業と同時に資格を取得できることになり指定校である保育士の専門学校であれば2年という短い期間で取得することができるからです。

加えて幼稚園教諭2種免許を取得できる学校も少なくないので、幼稚園と保育園が一体となっていような施設で就職するときも役に立つなど、就職先の選択肢が広がるメリットがあります。もちろん大学に通った場合でも幼稚園教諭の免許を取ることはできますが、保育士の専門学校は学費が4年制の大学に比べて安くすむので、早く社会に出て働きたいなら向いているといえます。とはいえ、文科省・厚労省指定校の2年もしくは併修校の3年で保育の知識や技術を学ぶため忙しいのがデメリットです。

しかし専門学校なら保育士になるために必要なことを集中して学ぶことができるので、目標がはっきりしている人の場合、好きなことを効率的に学べて楽しい学生生活を送ることができるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *